相続は、手間がかかる

現金の評価

“ 現金の評価 ” と聞くと、

「亡くなったときに お財布に入っていたお金を数えればよいのでは?」と

 思われる方もいらっしゃると思います。

 

 たしかに、亡くなった方のお財布に残っていた現金は、相続財産となります。

 もし、タンスなどの場所に、日常的に通帳から引き出したお金を保管していた場合、

 その金額も相続財産としなければなりません。

 

 ◎ 亡くなった方の通帳も確認してください 

     通帳から、亡くなる直前に引き出した現金は、そのまま現金として

     手許に残っている可能性が高いです。

 

     例えば、葬儀の費用として、まとまった現金を引き出しておくことは十分に考えられます。

 

     例) 山田 太郎 さん … 平成30年4月から入院

        平成30年9月に入り、太郎さんの容態が悪化したため、太郎さんの長男は、

        葬式の費用とするため、

 

              平成30年9月20日  1,000,000円

              平成30年9月25日   500,000円

              2度にわたり、太郎さんの通帳から引き出しました。

              この現金は、太郎さんが亡くなる日まで 手つかずで残っており、

              合計 1,500,000 円 のうち 1,200,000 円 を葬式の費用として支払い、

              300,000円が残りました。

 

             → 太郎さんの相続財産として計上する現金の金額は、

               300,000円ではなく、1,500,000円となります。

               相続が開始したあとに費消していたとしても、相続財産となるのは

               あくまでも相続が発生した時点で手許にあった 1,500,000 円となります。