相続は、手間がかかる

約40年ぶりに民法が改正されました。

 

    民法では、「相続法」で、相続にかかわる様々な項目が規定されています。

     この「相続法」は、昭和55年以来、大きな改正は行われてきませんでした。

 

     その間、社会の高齢化が急激に進み、家族の在り方も多様化してきました。

 

今回、このような社会の変化に対応する形で、民法が大幅に改正されました。

     改正の内容を見てみると、どれも 私たちの生活に直結してくる問題ばかりです。

 

例えば、

         相続により残された配偶者が安心して生活していくことができるように

         配慮された …

 

        遺言が簡便に作成できるようになった …など。

 

    改正内容は、どのようなものなのでしょうか。

       紹介していきます。